無印都市の子ども

ポップカルチャーの極北

歌は世につれ世は歌につれ 紅白2019

f:id:shiomiLP:20200103033708j:plain

「歌は世につれ世は歌につれ」と言い始めたのは誰であろうか。2020年になっても、その言葉は真理であると実感する。

世の流れの変化がその時代の流行歌の傾向にあらわれて、そして歌が世の風向きを我々の無意識のうちに変えてゆく。それはマーケティングとかターゲティングなんて話ではない。もっと深層に眠っているわたしたちの"祈り"が、そうさせているのだと思う。

 

NHK紅白歌合戦のコンセプトである「男性vs女性」という構図に対して、時代にそぐわないのではないか?という声がアーティストからもぽつぽつと出始めたのが平成の終わりであった、と認識している。

星野源が「おげんさん」という別のキャラクターを持ち出して白組でも紅組でもない立ち位置から「これからの紅白は紅組も白組も性別関係なく混合チームでいけばいいと思う」と発言したのが2018年。2019年はその象徴としてピンク色のダウンジャケットを着用して歌唱した。椎名林檎は今年こそ紅組で出場したが、ここ数年は男性歌手とのコラボで特別枠のようなポジショニングをとってきた。

それらは世が歌に影響を及ぼした結果であるといえるし、そしてまた歌が世を変えてゆく前兆であるともいえる。

 

2019年の氷川きよしのパフォーマンスについてツイッターに投稿すると、思いがけない数のRTとfavが届いた。

ここまで大きなバズははじめてだったので、RTしてくれた人たちのアイコンとbioを観察してみた。いわゆる音楽ファンからアニメオタク、インフルエンサーと呼ばれる方、プリクラアイコンのJK、自称ネトウヨ、自称フェミニスト、自称反原発、 ただクソリプを投げているだけの人などなど、多種多様なひとたちからレスをもらった。(「自称」とつけたのは、ぼくが勝手にカテコライズしたわけではなく、彼ら彼女らのbioにそう記してあったという意味です)

そのなかのひとつに、以下のようなコメントが引用RTで飛んできた。

ジェンダー論だから一部の人達にはカッコつくけど会社とかお客様先でやったら引かれて終わりやん」(原文ママ

おそらく彼の考えとしては「ジェンダーの問題は、おれたちの住む社会の外部に存在する」と認識しているんだろう。 もちろん現実はそんなわけもなく、きっと彼の所属する会社や取引先にも潜在する問題だと思うんだけど、たぶん彼には見えないだろうなと思う。もっと正確な言葉でいえば、彼のいる会社では彼に見えないようにやっていくのが今のところ正解、と考えるだろうなと思う。

だから「会社とかお客様先でやったら引かれて終わり」というのは、ある側面ではたいへん正しい。引かれていろんなことが一瞬にして終わってしまう、という光景は想像に難くない。

だけど、だからこそ氷川きよしのパフォーマンスには意味があったとぼくは思う。彼の歌が、世に示した彼の姿勢が、当事者たちの意識やまわりに蔓延る空気、ひいては世を変えてゆく。少しずつ、段階的に、彼のいる会社までも届く。

歌は世につれ世は歌につれ。

きっとNHKは現状の「紅白歌合戦」を維持していくだろう。その枠組みで、世の風向きに敏感なアーティストから順に、ジェンダーに捉われないパフォーマンスを披露していくようになり、紅白という組分けが徐々に形骸化してゆくんじゃないかとぼくは予測している。そしてそのときには、世の風向きもまた今とはちがっているのだろう。

だけど意思は言葉を変え

言葉は都市を変えていく

躍動する流動体 数学的 美的に炸裂する蜃気楼

彗星のように昇り 起きている君の部屋までも届く

『流動体について』 小沢健二

<了> 

大丈夫/最上の船頭【Fタイプ】

大丈夫/最上の船頭【Fタイプ】

 
流動体について

流動体について

 

2019年の音楽ベスト10

f:id:shiomiLP:20191230191023j:plain

なんやかんだで恒例になった音楽の年間ベストを発表する記事です。

Mr.ChildrenスピッツBUMP OF CHICKEN、L'Arc〜en〜Ciel、そしてサザンオールスターズなどの配信解禁をきっかけに、世間的には2019年がサブスク元年になったような印象ですが、みなさんどんな感じですか。個人的にもSpotifyの利用時間が昨年から更に10,000分以上膨れ上がり、月額980円のもとは充分すぎるくらい取れたなぁと思いました。

iTunesSpotifyを利用することで「アルバム単位で音楽を聴かなくなった」という理由で、さいきんは楽曲単位のランキングだけをつけてきましたが、なぜか今年は「アルバム単位で音楽を聴く」という習慣が復活してきました。

なので今回はアルバムの年間ランキングを復活させます。どうやら2012年以来7年振りっぽい。まじかよ。っていうかブログを始めてからそんなに経つのかよ。

 

 

【2019年総括】マイ年間ベスト10曲 

1,『さらしもの(feat.PUNPEE)』星野源

ここいちばんってときに最高のトラックを用意できるPUNPEEの底力を思い知りました。

星野源のクリエイションにはいつも楽しませてもらっていますが、ドラえもんの主題歌の歌詞だけは認めてないです!認めないぞ!

 

2,『かえれない』橋本絵莉子


あたらめて橋本さんの才能を見せつけられた一曲。

ノスタルジーに浸るのはすきではないけど、自分のなかの何かを呼びおこす音がずっと鳴っている。

 

3,『光の方へ』カネコアヤコ


どちらかといえば両A面の『セゾン』を気に入っていたのですが、11月のワンマン@梅田クアトロを観たら『光の方へ』に完全に寝返ってしました。

ちなみに今年Spotifyでよく聴いたアーティスト第2位でした。

 

4,『I GOT LOVE』オカモトコウキ 

 

作詞作曲だけでなく、すべての楽器を自ら演奏して録音したという。

自分のなかにあるひとつの季節を、具体的なかたちにできる人のことをクリエイターと呼びたい。

 

5,『1999』羊文学


”いまっぽい”なんて呼ばれるバンドがたくさんいるなかで、それがいまでなくなっても確実に残る音楽をつくっているなぁなんて思う羊文学。

 

6,『Enough is school』lyrical school


前年のアルバムに引き続き、ずっと高いクオリティの楽曲を投下し続けるリリスク。

いつかライブに行ってみたいなと機会をひそかにうかがっている。

 

7,『hikari』パソコン音楽クラブ

長谷川白紙をゲストボーカルに迎えた一曲。

明け方すぎの国道までの細い抜け道、

見知らぬパーキングエリアでみた朝焼け、

電柱のない住宅街の白昼夢。

 

8,『Loop with Tomggg』さとうもか

今年みつけた新しいアーティストのひとり。

同アルバムの『友達』もグッドソングでした。

 

9,『ねぇママ』笹川真生


むかしむかしにMr.Childrenの『深海』を聴いて気分がぐーーっと沈んでいた時期があったのですが、それに近いものが笹川真生の曲にはあった。男性なのか女性なのか、たぶん男性だと思うんだけど、正直そういうのはもうどうでもいい。

今年の春夏ごろはずっと無意識にこの曲のAメロを口ずさんでいました。

 

10,『むげん・(with 諭吉佳作/men)』崎山蒼志


個人的には崎山くんにはまだピンとこないのですが、諭吉佳作/menの才能が本物だと確信できた一曲でとても気に入っている。

 

 

【2019年総括】マイ年間ベストアルバム10

 

1,『aurora arc』BUMP OF CHICKEN


2,『Father of the Bride』Vampire Weekend 

 

3,『A Different Kind Of Human - Step 2』AURORA

 

4,『GIRL』オカモトコウキ

 

5,『Close It Quietly』Frankie Cosmos

 

6,『Movidas』Carino


7,『BE KIND REWIND INSTRUMENTALS』lyrical school

 

8,『Nulife』DE DE MOUSE


 

9,『So kakkoii 宇宙』小沢健二

 

10,『ズーカラデル』ズーカラデル

 

今年はなんといってもBUMPがグッドなアルバムを出してくれたことがすべてでした。『Jupiter』『ユルグラシル』の頃くらい、ずっとBUMPを聴いていた気がする。

楽曲単位で選んだ音楽とアルバム単位で選んだ音楽があまりリンクしていないことに、この記事を書いて気づきました。まとめてみるもんですね。

ではまた来年!

 

<了>

 

f:id:shiomiLP:20191230220732j:image