無印都市の子ども

文学と音楽とポップカルチャー系

死ぬほど価値のあるものはもっと別にある -大阪モード学園のCMについて-

f:id:shiomiLP:20180831062808j:plain

 

8月31日。少年少女が学校に行きたくなさ過ぎて死んでしまうのは、裏を返せば学校にそれだけの価値があると思い込んでしまっているからで、よくよく考えればさすがに死ぬほどの価値はない。

とはいえ各々抱えている状況は異なるだろうし、一概には言えないのだけど。

地方の公立中学や高校なんてのはたいてい理解不能な貶しやばかばかしい論理で社会が回っている。そんな歪みのひとつとしてイジメというものがあり、自分がイジメの対象であるかどうかは別として、そういう空気に疲れてしまうのはよくわかるし、よくわからない奴らしか自分のまわりにいないことに疲れてしまうのもよくわかる。

そういうものに打ち勝っていくことを強さ、うまくやり過ごしていくことを賢さ、くだらない争いから降りることを勇気と呼びたい。だけど、死ぬのはさすがに負けじゃないですか、と思う。その敗戦処理を自分の親に託すと思うと、ちょっとしんどくないですか。

 

 

「人は10代半ばから後半にかけて聴いていた音楽を一生聴くようになる」という話をなにかで読んだことがある。

ぼくはこの年齢(27歳)になっても新しく出会った音楽にガンガン感動するし、確かに10代半ばに出会ったBUMP OF CHICKENはこれからも自分にとっての神様であり続けるだろうけど、新しいジャンルにも手を広げられるだけの柔軟さは持っているつもりだ。

10代で感性が止まっているわけではないが、あの頃の感覚が今も自分の中に残っているのは確かで。例えばですけど、今年は甲子園をよく観ていて、その時によく流れていた大阪モード学園のCMにぼくは心打たれてしまい、あやうく願書を取り寄せてしまうところだった。 


 

 

8月31日。どうか死なずにと、そんな文章をはてなブログで書いたところで、届いてほしい人には届かない。そんなことはわかっている。(ぼくのTwitterフォロワーに高校生はいるのだろうか…?)

SNSには先輩ぶって語りたいだけの大人たちと、その言葉を称賛する大人たちばかりがいて、当の本人たちはそこにいない。我々は彼らに言葉を届ける術を持たない。届いたとしても、鬱陶しがられるだけだ。

 

届くべきところに届けられるだけのポップさを持っているのは、普段大人が舐めてかかりがちなティーンカルチャーだったりする。

死にそうな彼ら彼女らにメッセージを届けられるのは、SEKAI NO OWARIであったりヤバイTシャツ屋さんであったり、ヒカキンであったり竹内涼真であったりする。そういうものの影響力を舐めてはいけないと強く思うし、だからこそソフトバンクのCMには怒りを覚えた。

 

死ぬほど価値のあるものが学校であるはずもなく、かといって死んでも離したくないようなものも持ってないのなら、とりあえず登校するふりしてマクドとか行けばいいし、保健室は結構おすすめだし、図書館は涼しくて居心地いい。

教室が世界のすべてではないし、一度逃げたところで逃げ続ける人生にはならない。

 

イヤならやめちゃいましょう!
苦しいなら逃げちゃいましょう!
でも 好きなことだけは死んでも離すな★

 

このCMのメッセージが人気イラストレーターのポップでカラフルな絵で動き、カリスマバンドのキャッチーな音楽に乗せて8月の地上波テレビに流れることの素晴らしさよ。

<了>

欅坂46を清涼飲料水にたとえてみた

f:id:shiomiLP:20180816013624j:plain

自分にとってアイドルってなんだろうか?と考えたときに、清涼飲料水ではないかという答えにたどり着きました。潤いだったり、甘味だったり、癒しだったり。

というわけで、今回は欅坂46のメンバー21人をそれぞれ清涼飲料水にたとえてみました。

販売元や売上などはほとんど考慮せず、あくまでも商品イメージを重視して選びました。

なんとなくカルピスっぽいとか、どことなく烏龍茶っぽいとか、ただ単純にイメージだけで当てはめていきます。

ガチファンに怒られるんじゃないかと少し心配です。

 

 

* * *

 

長濱ねる → カルピス

f:id:shiomiLP:20180816005352p:plain

やさしい甘さと人懐っこさ、老若男女に愛されるポップさ。

友達の家に遊びにいったときに、友達のお母さんが出してくれる飲み物ってカルピスじゃないですか。そんな感じで、よその番組に欅メンバーを出すのなら、とりあえず長濱ねるを選んでおけば間違いない。

 

今泉佑唯桃の天然水

f:id:shiomiLP:20180816005416p:plain

可愛らしい果実のみずみずしさ。桃感ありますよね。今泉さんの卒業とても悲しいです。

 

鈴本美愉チェリオ

f:id:shiomiLP:20180816005438p:plain

実ははっちゃけた性格の鈴本さん。そのノリの良さがチェリオっぽいなと思いました。

 

志田愛佳 → マッチ

f:id:shiomiLP:20180816005553p:plain

ラブ微炭酸イェーイ、って感じ。

 

渡邉理佐爽健美茶

f:id:shiomiLP:20180816005622p:plain

健康的で爽やかで美しいですもんね。そのまま爽健美茶です。

 

渡辺梨加ミニッツメイド

f:id:shiomiLP:20180816005640p:plain

可愛らしさの中にちょっと他とは違うオシャレさというかセンスの良さが伺える。

 

織田奈那 → オランジー

f:id:shiomiLP:20180816005707p:plain

男前な振る舞いと乙女な内面を持ち合わせる織田奈那さん。オランジーナって感じじゃないですか。

 

小林由依ポンジュース

f:id:shiomiLP:20180816005811p:plain

ぽん。

 

守屋茜レッドブル

f:id:shiomiLP:20180816005831p:plain

欅坂のエナジードリンク

 

菅井友香 → FILLICO(720ml 税抜15000円)

f:id:shiomiLP:20180816005852p:plain

菅井様はたぶんコンビニの棚には並ばないと思うので、セレブ御用達の高級水にしました。

 

小池美波 → なっちゃんオレンジ

f:id:shiomiLP:20180816005921p:plain

甘酸っぱいよ小池さん。

自分の可愛さをしっかり表現できていてセルフプロデュースがうまいよ小池さん。

 

長沢菜々香 → おいしい牛乳

f:id:shiomiLP:20180816005944p:plain

いつも他と違った切り口で勝負する長沢くん。のんびりした雰囲気なので何も考えてなさそうに見えるけど、実はいちばんサービス精神旺盛なメンバーです。

 

米谷奈々未 → サントリー烏龍茶

f:id:shiomiLP:20180816010013p:plain

米さんってコンビニで飲料水買わなそうだよね。うちは水筒あるから大丈夫やで、って。

 

尾関梨香 → カゴメトマトジュース

f:id:shiomiLP:20180816010038p:plain

尾関はもっと適切なやつがある気がする…!

 

石森虹花 → 明治ブルガリアのむヨーグルト

f:id:shiomiLP:20180816010059p:plain

 

 

佐藤詩織 → ホットレモン

f:id:shiomiLP:20180816011704p:plain

ルックスもよく、メンバーの中でいちばんいろんなスキルを持っているのに、どこかへにょんとした雰囲気でスペックの高さを感じさせない佐藤さん。ほっとレモンです。

 

羽生瑞穂 → カナダドライジンジャーエール

f:id:shiomiLP:20180816011734p:plain

パフォーマンスしているときの土生さんの鋭さはジンジャーエール

 

原田葵バヤリース オレンジ

f:id:shiomiLP:20180816011759p:plain

「小学生はバヤリース飲んでたらいいよ」という感じでいつも舐められがちだけど、実はポテンシャルが高い。

 

上村莉奈 → おしるこ

f:id:shiomiLP:20180816011831p:plain

甘くて美味しいんだけどちょっとおばさんっぽい雰囲気はおしるこかなと思いました。

 

齋藤冬優花 → スコール

f:id:shiomiLP:20180816011851p:plain

 愛はスコール。絶妙にダサくて、それが一周回って愛おしかったりする。

 

平手友梨奈 → コカコーラ

f:id:shiomiLP:20180816011917p:plain

大ブランド。絶対王者

 

 

* * * 

 

志田さんや菅井さんなど比較的キャラ立ちしているメンバーは「なんとなく」の雰囲気を掴みやすくて、どの清涼飲料水かはすぐ決まりました。

個人的に気に入ってるのは、なーこ先生のおいしい牛乳です。

 

当然ですが、すべてのイメージはぼくの偏見です。

異論は認める。

むしろ異論を聞かせてくれ。

f:id:shiomiLP:20180816013843j:plain

メンバーの写真は『世界には愛しかない』のプロフィール写真を使用しました。

どのメンバーも清涼感がすごい…。

<了>