無印都市の子ども

ポップカルチャーの極北

日向坂46を飲料水に例えてみた

f:id:shiomiLP:20200217164119j:image

大所帯グループのいいところは、掘れば掘るほどメンバーそれぞれの個性や関係性が浮かび上がってくるところだと思います。

今回は、いま最もハッピーなオーラを世に振り撒くアイドルグループ「日向坂46」を取り上げ、メンバーそれぞれを飲料水に例えてみました。メーカーや売上などの条件は加味せずに、商品イメージのみで選考しています。

もし異論があれば、Twitterやコメント欄などでぜひ教えてください。いろんな人の意見が聞きたいです。

 

加藤史帆 × 午後の紅茶ミルクティー

f:id:shiomiLP:20191020171134p:plain

日向坂のフロントパーソン加藤史帆さん。お洒落な外見とまろやかな口調が、午後の紅茶のミルクティーです。

 

佐々木久美 × KIRIN KEMON

f:id:shiomiLP:20191020171138p:plain

日向坂のいいところは、先輩後輩関係なくみんながのびのびと躍動しているところだと思います。そういう良環境を築いているのがキャプテン佐々木久美さんであることは、誰もが認めるところでしょう。すらっとした高身長なスタイリッシュさと、お茶目さを持ち合わせているところがキリンレモンだなと思いました。

 

齊藤京子 × 午後の紅茶ストレートティー

f:id:shiomiLP:20191020171153p:plain

齊藤京子はむずかしい。キュートな外見と乙女な趣味に寄せて選ぶといちごオーレになるけど、クールな低音ボイスやエキセントリックな言動に寄せて選ぶとブラックコーヒーになる。どちらも齊藤京子さんを語る上で欠かせない要素であるので、そのあいだをとって(?)午後の紅茶ストレートティーにしました。

 

井口眞緒 × オロナミンC

f:id:shiomiLP:20191020171154p:plain

元気ハツラツ。

 

佐々木美玲 × なっちゃんオレンジ

f:id:shiomiLP:20191020171203p:plain

物怖じしない子どものような天真爛漫な言動が、柑橘系のまっすぐで爽やかななっちゃんの印象とダブります。

 

高本彩花 × 紅茶花伝

f:id:shiomiLP:20191020171206p:plain

紅茶花伝のロゴをよく見てください、上部に小さな王冠が乗っているんですよ。高本さんっぽくないですか。

 

柿崎芽実 × 三ツ矢サイダー

f:id:shiomiLP:20191020171215p:plain

ひらがなけやきのお披露目会で、中心に立っていた柿崎さんの透き通った透明感が忘れられず、ここでは三ツ矢サイダーを選びました。ぶりっ子キャラを加味すると別のものになりそう。卒業はとても悲しいです。

 

東村芽依 × ビックル

f:id:shiomiLP:20191020171307p:plain

永遠の5歳児。

 

潮紗理菜 × 金麦

f:id:shiomiLP:20191020171314p:plain

想像してみてください。家に帰ると潮さんが金麦を冷やして待ってくれていて、あのキラキラしたスマイルで「おかえりー!」って言ってくれる、そんな人生……。最高じゃん……。

 

影山優佳 × C.C.レモン

f:id:shiomiLP:20191020171321p:plain

日向坂の秀才ガール。そのハイスペックさをいい意味で感じさせないアゲ感がC.C.レモンです。

 

高瀬愛奈 × いろはす天然水とれもん

f:id:shiomiLP:20191020171322p:plain

唯一の春日派残党という難しい立ち位置は、バランス感覚に優れていないと務まらない役割だと思います。ボソッとつぶやくセンスをもっと見せてほしい。おひさまたちは彼女の潜在能力を感じているからこそ、注目したくなる。

 

河田陽菜 × ポカリスウェット

f:id:shiomiLP:20191020171445p:plain

萩の水やポカリスウェットのCMに必要なピュアネスを誰よりも持っている河田さん。日向坂のメンバーのなかでは、もっとも清涼飲料水感のある人です。

 

金村美玖 × Gokuri

f:id:shiomiLP:20191020171507p:plain

頭の回転が速く、それ故に苦悩する部分も見え隠れする金村さん。すごく甘酸っぱくて、でも柑橘特有のほろ苦味もあったりするので、Gokuriのグレープフルーツです。ちなみにぼくの推しメンなので、いつか金村さんについてしっかりと書きたい。定期的に見せてくれる婦警さんのコスプレが好きすぎておかしくなりそう。

 

丹生明里 × Qoo アップル

f:id:shiomiLP:20191020173047p:plain

この世界のどこかに“ハッピーオーラの核”があるとすれば、それは丹生明里という光源のことだと思います。丹生さん、飲んだら「くぅー」って言ってそう。

 

松田好花 × 野菜生活

f:id:shiomiLP:20191020171513p:plain

儚そうなルックスとは裏腹に、しっかりとした芯を持っている松田さん。裏方タイプでありながら前線で指揮を執ることのできる彼女は、日々の栄養バランスをとる野菜生活です。髪を切ってからの松田さん、すごくいいですよね。

 

宮田愛萌 × ほろよい

f:id:shiomiLP:20191020171517p:plain

宮田愛萌は18禁。

 

濱岸ひより × グリーンダカラ

f:id:shiomiLP:20191020171522p:plain

いい意味でゆるい雰囲気を醸し出す濱岸さん。透き通ったこころがグリーンダカラ。

 

渡邉美穂 × シーブリーズ

f:id:shiomiLP:20191020171544p:plain

日向坂でもっとも爽やかな汗をかく渡邉さん。シーブリーズのCMは絶対似合うのでいつか実現してほしい。

 

富田鈴花 × がぶ飲みメロンソーダ

f:id:shiomiLP:20191020171559p:plain

ポップでファニーな日向ガール。11月の1時間SPでは物怖じせずにのびのびとボケていて最高でした。愛し愛され がぶ飲みメロンソーダ

 

小坂菜緒 × ペプシコーラ

f:id:shiomiLP:20191020171603p:plain

凛とした佇まいとクールなフェイス。それでいて『キュン』のようなガーリーでポップな曲も上品にこなしてしまうのだから、日向坂のセンターとして申し分ない逸材だと思います。

 

上村ひなの × タピオカミルクティー

f:id:shiomiLP:20191020171605p:plain

とりあえずタピオカにしてみたものの、誰にも球筋の読めない変化球ばかりを投げる人なので、彼女ばかりはさすがにお手上げです。
なんかよさそうなのがあれば教えてください。

 

* * *

 

これ作るの超たのしいのでみんなしようね。

世界には愛しかねぇので。

【Amazon.co.jp限定】ソンナコトナイヨ(TYPE-A)(ポストカード(Amazon.co.jp絵柄)付)

【Amazon.co.jp限定】ソンナコトナイヨ(TYPE-A)(ポストカード(Amazon.co.jp絵柄)付)

  • アーティスト:日向坂46
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2020/02/19
  • メディア: CD
 
blt graph. vol.52 (B.L.T.MOOK)

blt graph. vol.52 (B.L.T.MOOK)

 

『ドラえもん』のび太たちがガスを吸引して“しあわせな気持ち”になる話について

f:id:shiomiLP:20191104180355j:image

ドラえもん』の第25巻には「ヘソリンガスでしあわせに」というエピソードが収録されている。概要はこんな感じである。(※無論ネタバレなので、それが気になる人はコミックスを読んでください)

 

ある日、いくつもの災難を同時に被ったのび太は、家に帰るなりグッタリし「世の中まっ暗だあ。 いますぐ世界のおわりがくればいい」と普段よりもいっそう深く落ち込んでしまう。

見かねたドラえもんは逡巡しながらも、あるひみつ道具のび太くんに授ける。それは「ヘソリンガス」といって、ヘソからガスを送り込むことで心や体の痛みを消すという代物だった。ガスを吸引したのび太はさっきまでの憂鬱な感情をきれいに忘れて「しあわせな気もち!!」と万歳する。

殴られても車に轢かれても平気な顔をしているのび太の様子を不審がったジャイアンスネ夫は、ヘソリンガスの存在を突き止め、「ひとりじめするなんてずるい!」と空き地に持ち出し、1回10円でみんなに提供することを提案する。

町の子どもたち(ジャイアンスネ夫はもちろん、しずかちゃんまで)がガスを吸引し、みんなあらゆる類いの痛みや悲しみを忘れてしあわせな気持ちになる。

「ほんとだ!すごーくしあわせな気もち!!」

「おやじにしかられたって、それがどうした!」

「ひかり号にはねられても、いたくないよな」

「東京タワーからとびおりても、へいきだよ」

しかし、ガスの効き目は30分間で切れる。その際の痛みのリバウンドが激しいため、みんなが30分おきに10円を支払って何度もガスを吸引しにやってくる。中毒化しているため誰もやめることができず、ある者は母親の財布を持ち出してくる始末。

外出から家に戻ったドラえもんが事態を知り、青ざめた顔でのび太に事の深刻さを説く。

「あれはおそろしいガスなんだぞ!!いたがるってことは、だいじなことなんだ。危険をしらせる信号なんだ。たとえば、火の熱さにへいきだったらやけどする。ひどい病気にかかっても、しぬまで気がつかない。心のいたみだってそうだぞ。しかられても笑われてもへいきなら、どんな悪いことも…。」

ガスを吸って気持ち良くなっているのび太は、部屋で寝っ転がりながらドラえもんの説教を「それがどうした」の一言で蹴散らしてしまう。しかし、吸引したガスが切れたことでのび太は自分はとんでもないことをしでかしてしまったと罪悪の痛みを感じはじめる。ドラえもんと同じように青ざめながら、ふたりは急いで空き地へとヘソリンガスの回収に向かう。

空き地に到着し、ドラえもんのび太がヘソリンガスを撤去しようとすると、ガス中毒の子どもたちがそれを拒む。ドラえもんは子どもたちの苦手な学校の先生やジャイアンのママを呼び出すが、痛みを感じない中毒者たちには彼らの声も届かない。

打つ手立てがなくて困っていると、何度もガス吸引を繰り返したヘソリンガスがガス欠を起し始める。ドラえもんはそのヘソリンガスに別のガスを補充することで問題を解決する。ドラえもんが代入したガスとは、痛みに過敏になるという効果のあるものであった。そのガスを吸引したジャイアンスネ夫は、降ってきた小雨にさえ「いたいいたい。雨のつぶがいたい。」と泣き叫ぶほど過敏になってしまい、その滑稽な姿がこのエピソードのオチとなる。

 

 

ドラえもん』にはやべえ話がいくつも存在するが、「ヘソリンガスでしあわせに」はその中でもっともおそろしいエピソードのひとつだ。

麻薬や覚醒剤を彷彿させるこのエピソードは、ウィキペディア曰く1979年に『てれびくん10月号』に掲載された。ちなみに『てれびくん』の読者対象は、未就学児から小学校低学年である。

 

あらためて言うまでもないが、ドラえもんとは少年漫画であり、全年齢対象の作品である。

きっと幼い頃のあなたもそうであったように、子どもの頃に触れる物語はその子の価値観や正義観の形成に大きな影響を及ぼす。世界をどう認識するか、という大きな方向性がそこで決まると言っても過言ではない。

たとえば「廊下を走るな!」という張り紙や先生の怒鳴り声よりも、「廊下を走ることでどんなことが待っているか」を目の当たりにするほうがずっと説得力があるとぼくは考えていて、それはフィクションだからこそ展開できる「あったかもしれない世界」が担う大きな役割のひとつであると思う。

そして、それが大人の説教にはならずに、エンタメとして昇華されている点が『ドラえもん』が名作たる所以なのだろう。どこかの知らないだれかの話ではなく、ぼくらのよく知っている町の、こころやさしいメガネの少年に降りかかってくる悲劇だからこそ、このエピソードは強度をもっている。

 

ちなみに、このエピソードはなぜかTVアニメ化はされていないそうだ。麻薬や覚醒剤を彷彿させるからだろうか。子どもから麻薬や覚醒剤を遠ざけることと、このエピソードをTVで流さないことは、果たして同じ方向を向いていると言えるだろうか。

こういうものを、昔だからできた、今は無理、みたいな話にはしたくないなあと、個人的に願うばかりだ。

 

<了>

ドラえもん (25) (てんとう虫コミックス)

ドラえもん (25) (てんとう虫コミックス)

 

この第25巻にはかの有名な「のび太結婚前夜」や、のび太が自力でテスト100点満点をとるものの誰も評価してくれないというエピソードなどが収録されており、個人的に好きな巻です。表紙のドラちゃんもかわいいし。おすすめです。

今週のお題「好きな漫画」