無印都市の子ども

文学と音楽とポップカルチャー系

映画

それでも『ミライの未来』を観にいくべきたった1つの理由

細田守監督作品『未来のミライ』を観てきた。映画の内容について言いたいことはたくさんあるけど、まずは映画の外側を巡る言葉について、前置きしておきたいと思う。映画内容についてはまた別の記事に書きたい。 上映前の予告にエヴァンゲリオンの特報が流れ…

映画『四月の永い夢』と朝倉あきという女優について

映画『四月の永い夢』を観てきた。大阪では九条にある映画館「シネ・ヌーヴォ」でしか上映されておらず、平日昼間、700席ほどのこじんまりとしたスクリーンで、10人ほどの客の中に交じって鑑賞してきた。 この映画が世間でどのように評価されているかは知ら…

『オクジャ/okja』 - 世界がそれを愛と呼ばなくても

自分だけの価値観から「物語」はうまれる 映画を観ていて、作り手が意図したものとは異なるメッセージを勝手に受け取ってしまうことが稀にある。恋愛映画なのに職業選択の重要性が心に残ったり、反戦映画なのにサクマドロップの広告映像として受け取ってしま…

架空の夏を追う - 『そして父になる』

慶多くんの好きな季節はなんですか?夏です。今年の夏には何をしましたか?お父さんとキャンプへ行って、凧揚げをしました。お父さんは、凧揚げお上手ですか?とても上手です。 是枝裕和監督作品『そして父になる』の冒頭は、私立小学校の入学面接のシーンか…

新海誠と細田守 - それぞれの“道”の暗喩を考察する。

新海誠の暗喩 - 踏切と階段 『君の名は。』のラストシーンは、東京の街ですれ違い続けた瀧と三葉がついに出逢うというところで幕が下りる。 明らかに新海誠の過去作『秒速5センチメートル』を意識して作られていて、出会うことのできなかった「貴樹と明里」…

震災後のファンタジー【宮崎駿の予言が外れた件について】

3.11後の想像力 2011年3月28日。 あの震災の直後、宮崎駿が『コクリコ坂から』製作についての会見を行ったことを憶えていますでしょうか。その会見の中で宮崎駿は“3.11後の創作表現”について発言しました。 ネットニュースの見出しにもなったので、憶えてる…

2013年もアニメ映画は面白そうです。

昨年2012年のアニメ映画はとても豊作でしたね。 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』、細田守監督の『おおかみこどもの雨と雪』、『ワンピース フィルム Z』、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』などなど。 2013年は少し地味になっちゃうのかなーって思ってたの…

『おおかみこどもの雨と雪』考察と感想

細田守監督の新作『おおかみこどもの雨と雪』を観てきました。 ほとんどの映画館で上映は既に終了していて、僕の住む大阪で唯一上映していたのは、下町商店街の中にある小さな映画館だけでした。 この映画の主役は誰なのか おおかみこどもってどんな映画です…

『誰も知らない』という映画を観て以来、日常世界が違って見える。

『誰も知らない』という映画を観て以来、日常世界が違って見える。 誰も知らない [DVD]出版社/メーカー: バンダイビジュアル発売日: 2005/03/11メディア: DVD購入: 2人 クリック: 141回この商品を含むブログ (684件) を見る 映画や小説、マンガなどの作品を…