読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無印都市の子ども @shiomiLP

平成ポップカルチャー と インターネット自由研究

東京事変とは何だったのか

音楽

 

2012年に東京事変が解散したわけなのですが、考察記事って意外と少ないみたいなので、僕が思ったこと、気付いたことを少しだけですが書き連ねていきます。 

f:id:shiomiLP:20040513103913j:plain

 

 

法令線上のホクロ

椎名林檎は2003年、ホクロを除去しました。東京事変の結成とほぼ同時期です。

ホクロを除去した公式的な理由としては、「マスコミに作り上げられた“椎名林檎”像を捨て去りたかったから」だそうですが、それは本当に「マスコミに作り上げられたもの」なのでしょうか。

彼女のホクロはほうれい線上にありました(笑うとできるハの字の皺です)。そこにホクロがあるというのは人相学的に「母親との縁が薄い」というような意味を持ちます。これって、椎名林檎がデビュー時に背負っていた物語ですよね。(『歌舞伎町の女王』に代表されるような)

そのホクロ(椎名林檎の物語)を取り除くということがどういう意味を持つのかを考えると、上記の公式の理由が本心だと考えてよさそうですが、決してマスコミによって作られただけではなく、椎名林檎自身が自ら背負ったアイコン、イメージ、物語でもあると考えるのが妥当かと思います。

f:id:shiomiLP:20130322181728j:plain

 

 

東京事変は脱“椎名林檎

ホクロに代表されるような“林檎像”を脱ぎ捨てた椎名林檎は、東京事変を結成します。

デビューシングル『群青日和』の第一声は「新宿は豪雨」です。これは彼女のホームグラウンドに豪雨を降らせることで1つの決意を表していたのだと僕は勝手に解釈しています。

東京事変における「椎名林檎の色」は徐々に薄まっていきます。

メンバーに指摘されて巻き舌を封印します。

段々と作曲もしなくなり、ボーカリストとしての椎名林檎だけがフロントに立っているわけです。

 

 

東京事変解散に伴い、ホクロ復活

そして2012年、東京事変が解散します。

ラストアルバム『color bars』のリード曲『今夜はから騒ぎ』のMVにて、なんと椎名林檎の顔にホクロが復活します。

ホクロの復活は、もちろん椎名林檎の物語の復活です。

f:id:shiomiLP:20130322184556j:plain

 

 

東京事変とは何だったのか

ソロの椎名林檎は「椎名林檎をアルバム3枚で閉じる」と宣言した通り、そこでソロ活動を停止します。

最後のアルバム『加爾基 精液 栗ノ花』の最後のトラックが『葬列』。つまりそこで椎名林檎は死んだという解釈です。

そして、彼女は東京事変の一員として生まれ変わった、と解釈されていたわけですが、、、東京事変のラストシングルは『天国へようこそ』でした。

つまり、あの時死んだ彼女の転生があるとしたら、それはこれから。

<了>

 

 

「天国へようこそ」

作詞作曲:椎名林檎

演奏:東京事変

 

僕が未だ夢を見ているというのなら そっちが真実なのか

君こそ”我が人生”とか言う大芝居を打ってるくせに

机上のそのまた紙の上に描かれた花を 君は嗅げるの?

そうだな、僕だったら永久に芳しいものを選ぶだろう

話し掛けないで

僕は君を吸い取って飲み干してしまう

お粗末ないのち

永遠に憧れるほど莫迦じゃないけれど

空に本当の顔が有るのなら昼と夜と果たしてどっち?

ねえ、どう思う?まあ僕はどっちも該当すると答えるよ

物事の本質にはいつだって相反する二者が鎮座するね

両極を求め続けた罪へ ぴったり時間通り罰が下るんだ

さようなら 僕の希望

さようなら 僕の絶望

自分を買い殺してしまった所為さ

僕は生きていると言うより死んでる

やあ

僕は君を吸い取って飲み干してしまう

近寄らないで

一線を越えた事実をいま認識するのさ

僕は死んだ

 

Hard Disk(完全限定生産BOX)

Hard Disk(完全限定生産BOX)

Golden Time [DVD]

Golden Time [DVD]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...