読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無印都市の子ども @shiomiLP

平成ポップカルチャー と インターネット自由研究

◆10 Favorite Music of 2014 ~シティポップとは、現実の都市に居ながら、架空の都市を夢見る音楽である~

音楽

2014年にリリースされた曲の中からベストTrack10を勝手に決めます。

今年で三回目だね!

今年は昔の曲をディグるのにハマってしまったからか、今年は10曲も選べなくてちょっと難しかった。でも1位と2位はホント迷った。例年よりも気持ちの良い曲が並んだ気がする。

 

 

1.『Mrs. Summer』/Galileo Galilei


彼らが閃光ライオットで優勝してauのlisumoタイアップでデビューした時は正直あまり好きではなかった。

あの花』のOPはまぁまぁ良かったけどさぁくらいの認識だったんだけど、去年『リジー』って曲に衝撃を受けて、そしたらそれ以降ずっとかっこいい曲歌ってることを知って、今オススメのバンド訊かれたら迷わず彼らを挙げる。そしてサリンジャー信者丸出しのアルバムから、この一曲を。ボーカルが文学好きなんだろうか。お友達になりたい。

 

 

2.『プロポーズ feat. choochoogatagoto』/PR0P0SE

f:id:shiomiLP:20141205001147j:plain

Maltine Records - [MARU-113] PR0P0SE - PR0P0SE

無料でDL出来るんで是非聴いてほしい。

イントロのアコギから、停止していた都市が息を吹き返すような、一気に街がきらきら煌めきだすこの瞬間、こういう瞬間のために僕らは生きている、という感じがする。最高だ。

 

 

3.『ネトカノ』/Sugar's Campaign

 2012年の曲なんだけど、CDリリースが今年だったので2014年の曲としてカウントしたい。(つーかCD出すの遅せえよ!!)

「洒落」という言葉がぴったりくる。洗練されているけれどどこか気だるくて、「でも好きでしょこういう感覚?」みたいに言われているような。

こういう言い方されるのは彼らは好きくないかもしれないけど、水星以降の曲という感じがする。(やっぱりトーフビーツは彼らの中でも頭一つ抜けてるよなっていう。)

 

 

4.『ray』/BUMP OF CHICKEN


ピコピコ音でなければBUMP後期の『天体観測』的な役割を果たしていたと思う。

誰だこんなアレンジしたのは。というか初音ミクとくっ付けたのは誰だ。

2014年明らかにBUMPはメディア戦略において大幅に舵を切りだして、そして失敗している。近いうちにブログで書きたい。

でもこの『ray』という曲は、藤原くんの楽曲制作の苦悩からの開き直りを感じざるを得なくて、あぁそれでも歌い続けるのはかっこいいなぁと思った。

 

 

5.『パラレルスペック』/ゲスの極み乙女。


今年はゲスとFlipper's GuitarばかりiPodで流していた気がするんだけど、いざランキングを作るとこれと言って思い浮かばない。でもまぁ一つ選ぶとしたら『パラレルスペック』かなぁと。邦楽バンドシーンの流れに逆らいたがっているゲスの生存戦略はとても興味あるけど、正直うまくいかず消えてゆく気がする。まぁそれはあくまで僕の未来予想であって、ゲスが好きであることには変わりない。(なんか冷たい文章になったな。。。)

 

 

6.『そんなに好きじゃなかった』/Base Ball Bear


あかん!ベボベがブレイクする前に成熟してもうた!というのが第一印象で笑。

とても大人っぽい曲を書くようになったなぁと思った。

あんなに甘酸っぱい恋の歌を歌っておきながら最後のサビで彼女が《そんなに好きじゃなかった》と冷めたこと言う曲なんだけど。でもよく考えたら、小出くんが初めて書いた曲『SAYONARA-NOSTALGIA』の最後のサビも《愛してるなんて言っていた気持ちがどうもこうも笑えてくる》だしなぁ。

女の子は基本的にすぐ冷めるという認識なんだろうか。

後半で裏声になるところ好き。

 

 

7.『20140803』/tofubeats


なんか、こう、しっくりくるかっこいい曲ってトーフさんないよね。

『水星』大好きだけど、完全に自分の好みの曲ってわけではないし。

 

 

8.『Lingering』/SWIM SWEET UNDER SHALLOW

たまたまsound cloudで見つけたバンドで、どれもかなりいい。

Almondという曲も大変良い。

 

 

9.『Tokyo City Underground』/Passepied


パスピエあんまり好きじゃないんだけど、あぁこれはかっこいい。

英語で歌ってるってことは、海外意識してるのかなー。楽しみ。

 

 

10.『Saturday night to Sunday morning』/Shiggy Jr.

今年の曲なのか際どいけど。新しいアルバムの曲はあまり好きになれない。

どこまでポップになれるか割と楽しみ。

 

_______

 

冒頭でも言ったように、今年は過去の曲を聴くのにハマっていて、リリース年関係なく選ぶなら、PANDA1/2の『中華街ウキウキ通り』なんですよ。

藤岡みなみさん超かわいい。

 

来年も注目しておきたいのはGalileo GalileiとSugar's Campaignですね。

楽しみ。

 

<了>

See More Glass(初回生産限定盤)(DVD付)

See More Glass(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...