無印都市の子ども @shiomiLP

平成ポップカルチャー と インターネット自由研究

新海誠と細田守 - それぞれの“道”の暗喩を考察する。

 

新海誠の暗喩 - 踏切と階段

君の名は。』のラストシーンは、東京の街ですれ違い続けた瀧と三葉がついに出逢うというところで幕が下りる。

明らかに新海誠の過去作『秒速5センチメートル』を意識して作られていて、出会うことのできなかった「貴樹と明里」との対比を観客に強く意識させた上で「瀧と三葉」を出逢わせている。

f:id:shiomiLP:20160905150215j:plain

↑この東京の街の画は『秒速5センチメートル』のものだけど、『君の名は。』の終盤にも似たカットがあり、どちらも同じように桜の花びらが舞う。

 

秒速5センチメートル』の最後のシーン、踏切ですれ違った「貴樹と明里」は、再会することなくそれぞれの進路へと進んでいく。この場合の踏切は“断絶”の暗喩だ。

f:id:shiomiLP:20160905151041j:plain

 

一方、『君の名は。』で2人がすれ違う場所は階段。そこには踏切における電車のような、2人を引き離すものや隔たるものはない。あるのは落差、それは2人が異なる時間の世界を生きてきたパラレル性(三年の時間差)を表現したものになっている。

f:id:shiomiLP:20160905151252j:plain

 

「貴樹と明里」然り「瀧と三葉」然り、双方が想い合っている相思相愛の状態だ。「AかBかどちらか迷う」というものではなくお互いに「それしかない」のだ。

一つしかない選択肢 / 一本しかない道で、それを成就させるかすれ違うか、という物語を描いてきた作家が新海誠だと言える。

新海誠が描く道は、どこまで行っても一本しかない“運命”の道。

 

 

細田守の暗喩 - 二本の道

一方、細田守は二つの進路を象徴的に描く。

時をかける少女』でタイムリープを続けるマコトは、「ここから」という標識のあるY字路から何度もタイムリープを行うことで「千昭に告白される未来」と「告白されない未来」を選択することができる。

二つに枝分かれした道は、その二つの未来の可能性の暗喩である。最終的にマコトは自らが希望する「告白されない未来」を選び取る。

f:id:shiomiLP:20070605140020j:plain

 

おおかみこどもの雨と雪』は、人間とおおかみのあいだに産まれた子どもたち(雨くんと雪ちゃん)が「人間としての人生」か「おおかみとしての人生」かを選択する物語であり、いくつかの場面でそのことが映像で表現されている。

左が小児科(人間の道)、右が動物病院(おおかみの道)

f:id:shiomiLP:20160905154359j:plain 

左が小学校(人間の道)、右が山(おおかみの道)

f:id:shiomiLP:20160905164410j:plain

 

細田守における道は、“進路選択”として表現されており、結果的に雨くんがおおかみの道へ進み、雪ちゃんが人間の道を進む。しかしそこに必然性はなく、自らが選択した進路であることを強調する。雨くんが人間の道を進むこともあったかもしれないし、雪ちゃんがおおかみになる未来もあったかもしれない。

細田守が描く道は、あったかもしれない可能性の“選択”の道。

 

 

* * *

 

異界への入口

誰も憶えてはいないかもしれないけど、3.11直後に宮崎駿が<今はファンタジーを作る時期ではない>と発言し、3.11後の創作表現は写実主義的な方向へと舵を切るだろうと宣言した。

しかし現実は真逆の方向へと進み、むしろ「ファンタジー全盛期」へ向かっていると僕は感じている。新海誠の作品も、きっとこれからもっとファンタジー色を強めるだろうし、<異界>を描くことにも野心がありそうだ。

 

新海誠作品の中でもっともファンタジー色の強い『星を追う子ども』や最新作『君の名は。』では、異界への入口(死後の世界、あの世)を田舎の町の外れに設置した

一方、細田守の『バケモノの子』では渋谷の街中に異界への歪みを生じさせる

 

運命と可能性の道、異界への入口、落下する脅威(彗星と人工衛星)など――

どこか似たモチーフを、どこか異なったかたちで表現する新海誠細田守。そんなところに2人の作家の同時代性が見えてくるような気がするけれども、でも本当にそれが顕著に表れてくるのは、まだまだこれから先の話だろう。

<了>

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...