無印都市の子ども

文学と音楽とポップカルチャー系

【お知らせ】本を出すことになりました

こんばんは、潮見惣右介です。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。あなたのブックマークやスター、記事についてSNSで言及してくださることが、本当に励みになります。ありがとうございます。

 

お知らせです。

2018年12月14日、㈱シネボーイの出版レーベルPAPER PAPERさんから『エンドロール』という本が出ます。

メンズ7名によるエッセイ集でして、僕もそのひとりとして書かせていただきました。

これがぼくの"紙の本デビュー"になります。(同人誌などの経験もないので)

当然ですが、全国の本屋さんに並びます。

まじかよって感じですけど、まじです。

エンドロール

エンドロール

  • 作者: 伊波真人,まちゃひこ,大滝瓶太,伊藤佑弥,西川タイジ,三浦希,潮見惣右介,すなば,坂内拓,近成カズキ,シネボーイ
  • 出版社/メーカー: 日販アイ・ピー・エス
  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

すでにAmazonページもできていて、絶賛予約受付中です。

 

全国の書店に並ぶわけですが、地方の小さな書店に並ぶかどうかは正直に言ってあやしいので、都心の大型書店や小洒落た本屋さんであればサクっとお求めいただけるかと思います。

そういう本屋はうちの近くにないよーという方はAmazonからご予約いただくか、発売日のだいたい2週間前までに書店の店頭で「この新刊を予約したいんですけど」と言っていただければ、問題なく発売日(12月14日)にゲットできると思います。もちろん発売後のお取り寄せも可能です。(※地方によって入手日は異なるかもしれないのでぜひ地元の書店員さんに聞いてみてください)

元書店員のぼくが言うのもなんですが、書店で買ってくださってもAmazonで買ってくださっても同等に嬉しいので、そういうことは気にしないでください。

 

 

メンズ7名によるエッセイ集ということですが、ぼくの他6名のメンツがすごくて震えます。

ひょえーーーって感じですよね。

彼らと名を連ねて本を出せることが、ぼくはとても誇らしいです。

 

いろんな言葉に流されそうになりながらも、自分の信じた言葉を書き連ねてきてよかったなと改めて思いました。

信じられるものと信じてくれる人たちを信じて生きていきたいです。

エッセイ集『エンドロール』をよろしくお願いします。

そしてこれからも潮見惣右介と「無印都市の子ども」をどうぞよろしくお願いします。

<了>

エンドロール

エンドロール

  • 作者: 伊波真人,まちゃひこ,大滝瓶太,伊藤佑弥,西川タイジ,三浦希,潮見惣右介,すなば,坂内拓,近成カズキ,シネボーイ
  • 出版社/メーカー: 日販アイ・ピー・エス
  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る