読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無印都市の子ども @shiomiLP

平成ポップカルチャー と インターネット自由研究

変身ベルトが欲しい女の子・何が欲しいのか分からない男の子

社会学

 

古館アナウンサーが司会を務めるフジテレビのバラエティ番組の中で、「子どもの屁理屈って面白い」という趣旨で紹介された動画が、ネット上で波紋を呼んでいる。

問題となっているのは、仮面ライダーの変身ベルトがほしいと泣き叫ぶ女児に対して、母親が「それは男の子のおもちゃだからダメ」と言い聞かせる内容の動画だ。僕は番組そのものは未視聴、リンク先のサイトで動画の部分だけを視聴した。

実際、母親の説得に対して反論する女の子のセリフ「じゃあ男の子になる」「ちんちんつけてそこからおしっこをする」という返しは面白く、番組の趣旨を理解して観ると笑ってしまうのもよく分かる。

でも本当は全然笑い事じゃない。

 

 

変身ベルトが欲しい女の子

そもそも「仮面ライダーの変身ベルトが男の子用のおもちゃである」というのは、商品を販売する上でのマーケティングの話でしかなくて、女の子がベルトを付けてはいけない理由はどこにもないし、欲してはいけない理由もない。Twitterなどで起こっている批判の多くは、そういったジェンダー差別の観点によるものが大半で、僕もまったくその通りだとは思う。

 

男の子だから・女の子だからというジェンダーの話だけでなく、「◯◯とはこうであるべき」というような無言の*1圧力が世の中にはあって、それが呪いとなって無意識に自分の選択に制約が掛かってしまっている人は案外多いと僕は感じているし、僕もその一人だと自覚している。

人に見られたらどう思われるかとか、これを選ぶことは恥ずかしいことなのではとか。

そういうことを気にしてしまいがちな僕は、動画の女の子のように自分が本当にほしいものをほしいと主張できる人をとても羨ましく思うし、自分もそう生きたいと思っている。例えば寿司屋に行って食べるネタの順番を気にしたくはないのだ。僕はサーモンが食べたいし、サーモンが食べたいと言いたい。

 

自分のしたいようにする、ほしいものをほしいと言って手に入れる。その尊さ。

そうしないと、自分が本当にほしいものではない代替品で満足するように自分に言い聞かせてしまう癖がついてしまう。きっとうまく誤魔化せるだろう。うん、私にはこれが合ってる、これがいいんだ。

でも、いつかどこかで破綻してしまうかもしれない。もしも変身ベルトで遊ぶ同世代の女の子を目撃してしまったら、それでもあの子は自分に言い聞かせることができるだろうか。変身ベルトの代わりに買い与えてもらった女児用のおもちゃを、例えばそれはセーラームーンのステッキかもしれない。私にはこれが合ってる? きっとへし折りたくなるだろう。*2

詳細は言わないけど、実際自分にそういう事案が去年降り掛かってきて、僕はちょっぴり死にたくなったのだ。

 一番ほしいと願ったものが手に入らなかったのは、それがほしいと主張しなかったからだ。代替品を掴まされたのは、それが僕にはぴったりだったからだ。

だからこそ変身ベルトの話はとても笑える話ではなかったし、泣き叫ぶ女の子の姿に泣いてしまったのだった。

 

 

何が欲しいのか分からない男の子

話は変わる。しかしながらもちろんのこと、先の話と繋がっている。

これは実際に僕が遭遇したのではなくて、人から聞いた話なのだけれど。

おじいちゃんに連れられておもちゃ売り場へやってきた男の子。優しいおじいちゃんは、何かほしいおもちゃを一つ買ってあげるよと男の子に言う。男の子は喜んで、何にしようかとウキウキしながら店内をはしゃぎ回る。30分ほど経つと、先ほどまであんなに喜んでいた男の子が泣いてうずくまっている。心配したおじいちゃんは、どうしたんだ?と男の子に問う。男の子は答える。

「何がほしいのか分からない」

 

何がほしいのか分からない。

結局、男の子は何も買わずに帰ったのか、なんとなくほしいかもしれないと思うものを買ってもらったのか、それは分からない。

自分の望みがわからないことほど悲しいことはない。動画の女の子の話は、他人との問題だが、この男の子の話は自分自身の問題だ。でもたぶん、動画の女の子と同じくらいの悲劇だ。

今でもこの男の子の話が僕の頭に焼きついて離れないのは、男の子の泣きたくなるような気持ちに僕自身も身に覚えがあるからだ。その虚しさとか、やるせなさとか。

 

いつか男の子にとって欲するものや大切にしたいものが見つかってほしいと思うし、たとえそれが女の子用のおもちゃであろうと、ちゃんとおじいちゃんにおねだりしてほしいと願っている。

そして僕自身もそうしていきたい、というのが実は2017年の僕の目標だ。

 

 

変身ベルトがほしい女の子、何がほしいのか分からない男の子。

自分がほしいものを、周りに流されずに、人の目を気にせずに、見栄を張らずに、意地にならずに、ちゃんと見極めていこうと改めて思った。

 

f:id:shiomiLP:20170205224559j:plain

ほしいものはいつでも
あるんだけれどない
ほしいものはいつでも
ないんだけれどある
ほんとうにほしいものがあると
それだけでうれしい
それだけはほしいとおもう
ほしいものが、ほしいわ。

 

西武百貨店 1988年】

*1:あるときは有言の

*2:へし折れる子はまだいい。へし折れない子はこれからもセーラームーンのステッキを何本も手にすることになる。それはとてもしんどい。

◆MUSIC OF THE YEAR 2016 無印都市の子ども

音楽

 

例年に比べて、楽しく音楽を聴くことができた2016年。新しいアーティストの発見もあれば、昔から好きだったアーティストの復活 / 復調もあって。

毎年年末には楽曲単位のランキングをつけていて、下位を決めるときはどうしても「今年はどんなのがあったっけ」と自分のiTunesを遡ったりするのだけど、今年はそういった作業を必要としないくらい豊作で、1から10まできれいに並べることができた。

そんな今年の音楽に加えて、前々から聴こう聴こうと思いつつも触れてこなかった昔の名盤を撫でてみたり、なんとなく好きかもしれない雰囲気の音楽をYouTubeで聴き流してみたり。非常にいいバランスで色々聴くことができたので、来年以降もこんな感じでいけたらいいなと思った大晦日。

ではそんな年のtop10。

 

* * * 


1.『サイレントマジョリティー』 - 欅坂46

ちょっとセンターの子強すぎる……と絶句したのが3月。まさかシングルがリリースされる毎にブログを書くようになるとは思ってもみなかった。

この曲の歌詞が一体どんな層にどんな風に響いているのかは知らないけど、警鐘のような言葉を軍服を着た14歳の女の子が歌うことがこの時代っぽい、なんてふうに20年後くらいに語られていそうだなぁと思ったり。

1stに限らず、2nd3rdと期待を裏切らないクオリティを見せつけてくれた欅坂。

2016年の顔を一人あげるとすれば、間違いなく平手友梨奈だ。


2.『アンサー』 - BUMP OF CHICKEN

正直に言って、ここ数年のBUMPの楽曲と活動には顔を覆いたくなるようなものも多々あったけど(紅白などのTV番組に出たことについてはとても良かったんだ。)、今年の最後にようやくBUMPらしいものがリリースされてとても嬉しい。
桐山零が藤原基央を復活させたと言っても過言ではない。

 

3.『HURTS』 - Homecomings

今年の下半期は「自分にとって本当に欲しいもの、失いたくないものってなんだっけ?」という問いが、考え事のちょっとしたテーマになっていて、それをきっかけに匿名ダイアリーに投稿したりもしたんだけど、そんなことをぐるぐる考えている時にBGMとして鳴らしていた音がHomecomingsだった。この楽曲だけに限らずアルバム一枚通して良い音楽だった。欅坂とBUMPが強すぎただけで、例年なら普通に一位にしていたと思う。

 

4.『明るい未来』 - never young beach

本当に幸せな瞬間ってね、金曜日の夜にこたつの中に入っている時だよ。

 

5.『俺の彼女』 - 宇多田ヒカル

アルバム収録曲のため、YouTubeに音源がない。『Fantôme』は名作なので是非聴いてください。

結局アルバムの中で一番聴いているのは『俺の彼女』だ。

 

6.『eye』 - MARQUEE BEACH CLUB

Homecomingsと同様、アルバム通して良い音楽。

『Flavor』とても良かった。

 

7.『もしも僕らがGAMEの主役で』 - DAOKO

DAOKOは、まぁこれくらいが限界だろうと僕が思ったところを何度も超えてくる。

僕はまた懲りずにdaokoの限界をこの地点だと推測しているけれど、どうなんだろう。何度でも裏切ってくれ。

 

8.『世界には愛しかない』 - 欅坂46

欅坂の2nd。期待値が上がりまくった2nd。期待通り、いや期待以上のものを見せてくれた。

 

9.『泡沫サタデーナイト』 - モーニング娘。

SMAPの『JOY』も手掛けた赤い公園の鬼才・津野米咲。才能しかない。

 

10.『二人セゾン』 - 欅坂46

世間的には『世界には愛しかない』よりも『二人セゾン』の方が高評価みたい。MVの良さは確かにこれがいちばん。

ちなみに僕は、グループの中で一人だけ異なる方向性で自分の価値を示そうとするアイドルが好きで、AKBなら指原莉乃、欅坂だと志田愛佳にあたる。

 

* * *


とまぁこんな感じです。
来年は小沢健二が音源リリースしてくれるはずだと信じて生きていくよ。

<了>

 昔からヘッドホン欲しいなーと思ってたんですけど、ようやくかっこいいの見つけたよ!↓

JVC   密閉型ヘッドホン ハイレゾ対応 グレー HA-SD7-H

JVC 密閉型ヘッドホン ハイレゾ対応 グレー HA-SD7-H

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...