無印都市の子ども @shiomiLP

平成ポップカルチャー と インターネット自由研究

2013年もアニメ映画は面白そうです。

 

昨年2012年のアニメ映画はとても豊作でしたね。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』、細田守監督の『おおかみこどもの雨と雪』、『ワンピース フィルム Z』、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』などなど。

2013年は少し地味になっちゃうのかなーって思ってたのですが、そんな事はなさそうです。

 

* * *

 

『言の葉の庭』


ほしのこえ』や『秒速5センチメートル』で有名な新海誠監督の新作映画『言の葉の庭』の予告PVが、ちょうど昨日公開されました。

秒速5センチメートル』で降る雨は電車を遅延させる為の障害だったのに対して、『言の葉の庭』で降る雨は会う為の条件になっているようですね。同じ雨であっても、夜雨と天気雨では意味が正反対になっていますよね。面白い。

 

 

『風立ちぬ』

f:id:shiomiLP:20130222005848j:plain

 

『かぐや姫の物語』

f:id:shiomiLP:20130222005900j:plain

そして、宮崎駿監督の『風立ちぬ』と高畑勲監督『かぐや姫の物語』のスタジオジブリ2作品。1988年の『となりのトトロ』『火垂るの墓』以来となる宮崎&高畑作品同時公開です。将来的にこの二作を超える作品を若い監督さんが作り上げてほしいですね。

 

 

『サカサマのパテマ』

さらにさらに、『イヴの時間』で有名な吉浦康裕監督の新作『サカサマのパテマ』も公開予定です。『イヴの時間』DVD化する時かのインタビューで吉浦監督は「次回作の目標は部屋を出ること」と言っていて笑ったのだけれど、『サカサマのパテマ』のPVを観る限りは目標達成できていそうですね(イヴの時間や教室の空間表現は個人的にとても好きなのだけれども)。

 

 

『ハル』

プロダクションI.Gから独立したアニメーションスタジオ「WIT STUDIO」が手がける中編『ハル』は、なんと脚本が木皿泉!!(『野ブタをプロデュース』や『Q10』の脚本家さん)。スタッフを観る限り、中身のない軽い物語には絶対にならないと思うので、ちぇけらーです。

 

まだ情報はありませんが、魔法少女まどか☆マギカの3本目、つまり新作も今年公開予定です。

2013年も面白い!

 

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

小説・秒速5センチメートル (文庫ダ・ヴィンチ)

小説・秒速5センチメートル (文庫ダ・ヴィンチ)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...